テレビで人気のおしゃれな壁掛けボードを時短で作れる裏技

最近テレビでDIYの紹介番組が増えています。日曜大工のイメージの強い、DIYですが、最近はDIY女子の活躍でおしゃれなイメージが強いです。DIYの醍醐味はなんといってもオリジナリティです。既製品にはない、個性的な世界にただ一つの物を自分で作りましょう。おしゃれな壁掛けボードの紹介をします。有孔ボードを使ったDIYです。有孔ボードとは、均等に穴が空いているので、穴にフックを取り付けることでつるすように収納出来て、棚を作ることも可能です。有孔ボードを取り付ける際に2×4材を使い、原状回復が可能にしておけば、賃貸の方でも、安心してDIYできます。最近ではカラーバリエーションも増えていますので、お好みの色でお部屋を彩ってみるのも楽しいです。オリジナリティを出すのも良いですし、初心者の方はDIY実践者の真似をして作成するのも良いです。

有孔ボードを使った壁掛け収納の作成の仕方

テレビでも話題となった、有孔ボードを使った、壁掛け収納ですが、その使い方次第でおしゃれなものにしていけます。色選びはお部屋の雰囲気にそったものを選びましょう。モノトーンで揃えているお部屋ではブラックボードを使うと引き締まります。一般的な色の白ですが、飾るものを邪魔しませんし、均等に空いた穴がドットに見え、インテリアのアクセントとして、映えます。木の質感を大事にしている場合はブラウンもお勧めです。色が決まれば取り付けですが、壁に穴を開けられるのであればそのまま取り付けが可能ですが、賃貸等で穴が開けられない場合は2×4材でまず柱を固定し、そこに有孔ボードを取り付けます。取り付け方を工夫すれば、頑丈に取り付け可能です。ボードの色や2×4材の色の組み合わせも考えて、素敵な空間と作りましょう。

有孔ボードを使用して壁を有効活用する

テレビでも話題となった、有孔ボードですが、リビングに設置し、有孔ボードに棚を取り付けます。普段よく使用する物をフックでかけたり、棚に置いたりすれば、実用性とスタイリッシュなコーディネートを両立できる壁掛け収納の出来上がりです。また、キッチンに有孔ボードを設置すれば、収納に困っていた、調味料や調理器具を壁一面に収納出来、使いたい時に使えるという便利性だけでなく、調理器具をインテリアとして見せるおしゃれな収納にもなります。整理整頓に工夫が必要です。子供部屋に設置し、フックや小物が入る小さ目な棚をいくつも設置すれば、おもちゃの片づけに大変有効です。おもちゃのディスプレイのようですし、お子さんにとっても、このおもちゃはこの場所だと覚え、お片付けがしやすい収納を作ることが出来ます。楽しみながら遊んでくれます。